NPO法人子どもの家

 子どもの健全・育成, 福祉・保険・医療  NPO法人子どもの家 はコメントを受け付けていません。
8月 042014
 

子どもの家とは

それぞれのお子さんの特製と成長にあわせた支援をすることにより、その子の持っている能力を引き出すお手伝いをします。

1977年 母子臨床や心理相談を目的とした「阿邉臨床心理研究所」を設立し、その後1981年 ことばの遅れを持つ子ども達、自閉症や脳科学的に問題を呈する多動な子ども達の相談、療育機関として「小規模通園施設 子どもの家保育園」を開設いたしました。
2006年には障害者自立支援法の施行に合わせ「特定非営利活動法人子どもの家」に組織変更し、障がいを持つ幼児、児童のみならず、その保護者や周辺の人達への支援も視野に入れて活動しております。
やがては幼児から高齢者までライフステージに合わせた幅広いサポートを目指しています。

第二子どもの家 外観

子どもの家 外観

児童デイサービス

いわき市の児童デイサービス施設『子どもの家』は、発達が気になるお子さまに社会参加の為の支援を提供しており、お子さま一人ひとりの発達にあわせた療育方法で、自立を促進し生活の質を向上させ、育成をサポートしております。

【相談内容】 例えば、
ことばが遅い
動き回ってじっとできない
視線が合わない
お友達とあそべない
集団生活がうまくいかない

【療育までの流れ】
各機関からの紹介・お子さまの発達について相談

子どもの家保育園の紹介・見学

各地区の保健福祉センター福祉課へ受給証の申請

受給者証がご自宅に届いてから、子どもの家保育園との契約

いわき地域療育センター

障がいのある方やご家族などからの相談に応じ、障がいのある方などが自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、必要な情報の提供及び障がい者などの権利擁護に必要な援助などを行う事業です。

【相談内容】
福祉サービスの利用援助に関するもの
社会資源を活用するための支援に関するもの
社会生活力を高めるための支援に関するもの
ピアカウンセリングに関するもの
権利擁護のために必要な援助に関するもの
専門機関への紹介
その他

阿邉臨床心理研究所

阿邉臨床心理研究所は幼児から大人まで幅広く心理相談を受け付けており、必要に応じ事業所内でのカウンセリングやいわき市委託相談支援事業所等の公的制度利用のご案内もしております。
また児童デイサービス等を卒園したのちも引き続き療育や社会生活スキルの獲得を要望する場合の各種専門職の指導も行っております。

主な活動

【いわき地区K-ABC研究会】
開催日:年5~6回程度
活動場所:いわき明星大学等
活動内容 :K-ABC発達検査に基づく発達支援に関する勉強会や事例検討会
年に1回専門識者による講演会
参加費用:当日会費500円

【月曜の会】
開催日:年8回程度 金or土曜日の18:00より
活動場所:法人内事業所
活動内容:一般的な発達に関する勉強会や事例検討会
参加費:当日会費1,000円

子どもの家 保育室

第二子どもの家 ボールプール

子どもの家 箱庭

第二子どもの家 保育室

団体名特定非営利活動法人子どもの家
代表者阿邉松山
住所いわき市錦町重殿15番地
活動場所子どもの家保育園
第二子どもの家M・A・Y
webサイト特定非営利活動法人 子どもの家
連絡方法担当者名:事務部 石井波夫
メール: BCB13871◆nifty.com
(◆を@に変更してください)
電話:0246-65-6236
FAX:0246-65-6230
活動の対象通所支援に関しては、原則0才~18才
計画相談に関しては、障害児、身体障害者、知的障害者、精神障害者、国が認定した130の難病罹患者
会員数15名
活動に携わる方、参加者職員の取得資格として、臨床心理士・臨床発達心理士・社会福祉士
精神保健福祉士・介護福祉士・保育士・特別支援教育士・各種教員免許
会費等

「たけのこ」の会

 子どもの健全・育成, 社会教育  「たけのこ」の会 はコメントを受け付けていません。
7月 042014
 

こんな活動をしています

「たけのこ」の会は、不登校・ひきこもり・自立を考える会です。
学校生活および社会生活を通し、子どもが悩んでいることを理解し、その悩みを共感しつつ子どもの立場から「不登校」「ひきこもり」「思春期・青年期の悩み」を考え、自立へ向けて共に歩む場作りをしています。

月例会、講演会、子どもと一緒の行事など

活動・行事予定

【例会】
開催日:毎月第1土曜日 14時~16時
活動場所:主に文化センター
内容:親、当事者、関係者がともに集い、悩みや体験を語り分かち合う。
参加費:無料

【たけのこサロン】
開催日:未定
活動場所:主に生涯学習プラザ
内容:子どもと一緒に遊びやおやつを楽しみ、親同士のおしゃべりや交流をはかる。
参加費:無料

【教育を考える講演会】
開催日:毎年10月か11月
活動場所:未定(市公共施設)
内容:医療、教育、当事者家族など、不登校・ひきこもり・自立について活動している方を講師に招き、講演や質疑応答を行う。
参加費:500円(会員は無料)

会員さん募集

悩んでいるのは一人ではありません。
一緒に悩んで、ほっとして、少し笑える場です。
自立に向けて、共に歩む場を作っていきましょう。
各種情報や他団体の活動等の情報も得られます。

この会の趣旨を理解し、賛同して頂ける方ならどなたでもお待ちしています。

行事の参加者募集

「不登校」「ひきこもり」「思春期・青年期の悩み」について、悩んでいる子どもの立場から理解していきましょう。
共に情報を得て、考え、歩む場を作っていきましょう。

各種情報や他団体の活動等の情報も得られます。

団体名「たけのこ」の会(不登校・ひきこもり・自立を考える会)
代表者佐藤由美子
住所いわき市平藤間字川前63-1
活動場所市文化センター
連絡方法
電話:0246-39-2059
FAX:0246-39-4044
活動の対象悩みに関わる親、当事者。および関心がある賛同者
会員数43名
活動に携わる方、参加者親、当事者、医療・保健・教育関係者
会費等年間一人4,000円(1家族)

NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会
(チャイルドハウスふくまる)

 子どもの健全・育成  NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会
(チャイルドハウスふくまる)
コメントを受け付けていません。
6月 182014
 

会について

東日本大震災では多くの方がその尊い命を落とし、県内では約160名が震災孤児・遺児となりました。親が育てられなくなった場合は、親戚宅に身を寄せるなどして、今も懸命に生活しています。子ども達があの震災で失ったものはとても大きく、小さな心に負った傷はとても深いものがあります。こういった子ども達が健やかに成長していくためにも、地域の人の手で彼らを見守っていく必要があります。

今までも中央の団体、行政などから金銭的な援助はありましたが、日常の困りごとや就職・進学などの将来のことなど、また、里親になった方の悩み相談など、子ども達に寄り添って考える近くの人の必要性を感じています。
 親戚では言いづらい心の悩みを相談できる場所をいつでも門戸を開いておけるよう、また彼らが成人するまで見守っていくためにも、私たちは「NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会」を立ち上げました。

拠点施設「チャイルドハウスふくまる」

2011年、布袋寅泰・吉川晃司がCOMPREXを再結成。収益の一部を「福島の震災孤児・遺児のために」といわき市に寄付していただいた基金をもとに、拠点施設を建設することになりました。場所は四倉の漁港区。四倉は津波の被害にもあった場所ですが、津波対策を万全に施し、確実に安全な場所として整備を進め、平成26年4月26日「チャイルドハウスふくまる」は完成いたしました。

「チャイルドハウスふくまる」は、震災孤児・遺児のための心のケア施設として、また、原発事故で外で思いっきり遊べなくなった子ども達の屋内遊び場として、中長期にわたり運営をしていきます。

会員さん募集

この施設は孤児・遺児たちが成人するまでの10~15年をめどに活動を行っていく予定ですが、運営資金は寄付でまかなっていくほかなく、現在広く会員を募集している状況です。
チャイルドハウスの主旨をご理解いただくとともに、福島県の震災孤児・遺児、および子どもたちのために、何卒ご協力お願い申し上げます。

団体名特定非営利活動法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会
代表者曽我泉美
住所いわき市中央台飯野4丁目2-4
いわきニュータウンセンタービル2F
活動場所いわき市四倉町5丁目218番地1
チャイルドハウスふくまる
webサイトNPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会
facebook
ページ
NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会
連絡方法担当:鈴木亮子
メール: fukumaru01◆fukushima-child.com
(◆を@に変更してください)
電話:0246-88-9940
FAX:0246-88-9941
活動の対象福島県いわき市及び原発避難地区である双葉郡の震災孤児・遺児及び子どもたち
会員数14名
活動に携わる方、参加者臨床心理士、主婦、会社員
会費等正 会 員(個人) 入会金5,000円 年会費6,000円
正 会 員(団体) 入会金5,000円 年会費30,000円
賛助会員(個人) 入会金 0円 年会費3,000円
賛助会員(団体) 入会金 0円 年会費3,000円

子育てポピークラブ

 子どもの健全・育成  子育てポピークラブ はコメントを受け付けていません。
4月 182014
 

こんな活動をしています

子育て不安解消事業の一環として、子育てし易い環境づくりのために「子育てつどいの広場」を開催しています。
親子で楽しむイベントや子育てのスキルアップのセミナーや子育て相談、子育てに関する情報交換等楽しく笑顔になれるところです。
手作り健康おやつでのティータイムもママたちから大人気です。
ここで毎回プチ食育を実施しています。

ポピーの花言葉は「向上と発展」そして「激励となぐさめ」
ポピーの花の明るさと温かい色合いで、そこにいる人たちも周囲の人たちをも
幸せな気持ちにしてくれます。お互いに励まし合い、助け合いながら自分たちも向上し、
前向きに進んで行こうとの願いから、この名前にしました。

会員さん募集

明るく温かい子育てポピークラブ
 ・ここに集まるときっといいことがあるよ!
 ・あーよかった あなたがいて
 ・あーよかった あなたといて
 ・あーよかった 一緒にいて
これが私たちポピークラブの合言葉です。

子どもと向き合う時にこの言葉」を思い出し相手の存在感を認めてあげるのです。このような環境で育てられたお子様は、きっと将来もたくましく自信を持って生き抜いていけることでしょう。

子どもの大好きな方、
手遊びやリズム遊び、音楽、歌など好きな方、
読み聞かせ、手話のできる方、など

お待ちしています!

ご案内リーフレットダウンロード

スタッフさん、ボランティアさん募集

他人のために動くことができるって、とても素敵なことです。
そのためには自分も健康で元気でいたいですね。
自分が誰かのために役に立っている。
世の中のために役立っていると実感できることは嬉しいですね。
一緒に動いてみましょう。

ぜひあなたの豊かな経験の力を次世代の人たちに伝えてください。
きっとあなたの一言を待っている方々がいます。
一(ひと)手、一(ひと)足、一(ひと)押しで元気になれたり、乗り越える力が湧いてきたりする方もいます。
ぜひ一緒に活動してみましょう。
小さなお子さまや若いママたちから私たちも元気をいただいています。

よろしくお願いします。

活動に参加することで、こんなメリット

・子育てのスキルや親子の接し方を身につけることができる。
・子育てに関する情報のネットワークができ、母子の孤立化を防ぐことができる。
・同世代の子を持つ母親同士も子どもたちも友達や仲間ができる。
・世代の異なる人々の交流が広がり、地域全体での子育てが可能になる。
・企業の理解を得て、子育てしながらも働き易い職場になり、少子化に歯止めがかかる。
・元気に子育てできる母親が増えることにより、子どもにも家族にも優しく接することができるようになる。高齢者スタッフも小さな子どもや若い母親たちから元気をいただき、生きがいを見つける事ができ明るい社会になる。

参加申し込み書ダウンロード

企業や団体さまのご支援を

私共子育てポピークラブでは、子育て支援活動に賛同しご理解いただける企業や団体も求めております。

現在子育て中の母親さんたちの中には有能な方々もたくさんおられます。
結婚・出産を期に退職されるかたも多いのですが、貴重な社会資源としての人材を活用してこそ、企業も社会も経済的発展をとげることができ、社会貢献企業としての信頼も得ることができると信じております。

出前「子育てつどいの広場」も実施しています。
母親たちが職場や地域社会の理解と協力をいただきながら、元気に安心して子育てのできる環境こそ、少子化防止にもつながることでしょう。

団体名子育てポピークラブ
代表者引地 晴子
住所いわき市平中山字諏訪下69の1
活動場所いわき市中央台公民館
連絡方法poppynoegao◆xrh.biglobe.ne.jp
(◆を@に変更してください)
電話:0246-24-1022
FAX: 同上
担当者:引地晴子
活動の対象生後6ヶ月~就学前のこどもとその保護者や家族
会員数45組(90名)
活動に携わる方、参加者幼稚園・保育所・小中高の教員・等を定年退職したOB、看護師、子育て中の主婦、ピアノ教師、食育指導士、子どもの大好きな方等。
会費等1回300円(親子で)保険料・材料費として
ご案内ご案内リーフレットダウンロード
子育て家庭のつどい「ポピークラブ」案内&参加申込書ダウンロード

NPO法人いわき緊急サポートセンター

 子どもの健全・育成, 社会教育, 福祉・保険・医療  NPO法人いわき緊急サポートセンター はコメントを受け付けていません。
3月 242014
 
いわき緊急サポートセンター

こんな活動をしています

子育て相談・子ども一時預かり・病児 障がい児他保育・
出産前後のサポート・相談会やサロンの開催・人材育成・
研修会の開催・連携協力関連団体の紹介や協力、協働活動

子育て相談、紹介ネットワーク、子どもの一時保育、病児・障がい児等の保育、送迎、出産前後のサポートほか

年会費の有無: 有 (金額 2,000円  )
サポート報酬 9時~17時 800円
       17時~21時および土日祝日 900円
21時~翌6時 1,000円、 宿泊5,000円~
相談は、どなたでも無料:受付時間 9時~17時
見学や個別相談、入会は、事前に要予約

私たちの目的

「安心できる子育てしやすい環境づくり」「家庭力向上と心身の健康を推進」「社会貢献できる人材育成」「公的機関の困難事例の解決」「地域資源・各団体との連携ネットワーク強化」「次世代活性ネットワーク形成・ 協働事業の促進」他

スタッフ養成研究会のお知らせ

スタッフ養成研究会のお知らせ

画像をクリックしてPDFファイルをダウンロードできます

会員さん募集

興味関心ある情報が収集できて、情報が豊富になる。
自己能力の発見・発掘できる。
子育てのスキルがアップする。
健康・医療・教育・福祉など関連の必要な知識を習得できる
いわきで活動する多くの団体を知ることができる。
自分の可能な範囲で楽しくいわきの復興に参加・協力できる。
自分の住むまちが良くなっていくのを実感でき、団体として市に提言できる。

ボランティアさん募集

一度、お問い合わせ下さい。
子育て支援ばかりでなく高齢者支援やその他にも地域貢献への道をご案内します。
興味関心のある分野から、人とのつながりや喜び、自己成長と感動を体験できます。
ボランティアを通して、たくさんの学びが得られます。
いわきを元気なまちにする為、あなたの参加活動をお待ちしています。

スタッフさん・職員さん募集

先進活動をしておりますので、とてもご協力者が必要です。
やりたいこと、できる範囲のことで、あなたの能力を活かしてみませんか?
当団体の活動の中から、ご自身の知らない能力をきっと発見できます。
一人の小さな活動が、多くの人の力になれることを経験できます。

協働団体・企業さま募集

当団体とのネットワークにより、子育て支援強化企業「くるみん」への認定につながります。
支え合いの精神は、職員の愛社精神につながり、社会と地域の一体化への一歩になる。
当団体の柔軟で経験豊富な活動を活かして、貴団体の課題解決にご協力いたします。
ぜひ貴団体の目的達成と活気ある社員の保持に当団体の活動をご活用下さい。
認定NPOをめざしている為、一時的な協働でなく、いずれ免税対策につながります。

団体名特定非営利活動法人いわき緊急サポートセンター
代表者前澤 由美
住所いわき市勿来町窪田酒井原39-3
支援拠点いわき市小名浜大原字丁新地206‐2 小名浜支援拠点サロン「アステール」
活動場所いわき市総合保健福祉センター、市内公民館など
webサイト特定非営利活動法人いわき緊急サポートセンター
連絡方法団体サイトの問い合わせページへ
メール: iwakikinsapo◆gmail.com
(◆を@に変更してください)
電話:080‐6055‐1099
FAX:0246-65-6539
活動の対象子育てに関わる方・子育て経験者なら、どなたでも歓迎
会員数正会員21名
活動に携わる方、参加者看護師・保育士・幼稚園教諭・ヘルパーなどの有資格者
子育て経験者、子育て支援をしたい方、地域に貢献したい方など
研修や勉強会などを受講された方
会費等入会金3,000円
年会費2,000円

いわき絵本と朗読の会

 子どもの健全・育成, 文化・芸術・スポーツ, 社会教育  いわき絵本と朗読の会 はコメントを受け付けていません。
3月 012014
 

こんな活動をしています

・絵本読みきかせ
・街中朗読会
・朗読講座
朗読の楽しさが実感できるようになります。

活動の目的

私たちは、子どもには絵本、大人には文学作品をとおして、人生の様々なメッセージを伝える「声の使者」として、地域に貢献します。

活動・行事予定

【定例会】
開催日:原則毎月第1、2、3、4金曜日
活動場所:市文化センター
内容:主として朗読の勉強及び絵本の読みきかせの練習等

【第11回街中朗読会】
開催日:平成26年9月20日(土)
活動場所:アリオス音楽小ホール
内容:「歴史を彩った女たち」をテーマとして、今回は李香蘭を取り上げて朗読する。また、大人のための絵本コンサートの計画もあります。

【おはなし会】
開催日:4月27日、7月27日、10月5日、12月23日
活動場所:草野心平記念文学館
内容:絵本の読みきかせ。12月23日はクリスマス絵本コンサートとして、ピアノ、バイオリンと絵本読みきかせのコラボレーションを企画。

【朗読講座】
開催日:毎月第1土曜日、第2、4水曜日
活動場所:草野心平記念文学館(第1土曜)、生産学習プラザ(第2、4水曜)

イベントカレンダーに掲載しています!

会員さん募集

私たちの会は、朗読を専門に行う会です。初心者でも毎月の活動を通じて、朗読が上達できるようになります。
また、私たちは毎年1回、日頃の練習の成果を「街中朗読会」で発表し。大勢の方々に楽しんでいただいています。
あなたも、私たちの仲間になって、朗読の楽しさを実感してみませんか。

参加者を募集中です

「朗読のことは何もわからないけれど、興味がある」というあなた、一度、会の活動をのぞいてみませんか。会員一同、喜んでお迎えします。
尚。絵本の読みきかせや絵本についての知識を学びたい方、どうぞ参加してください。

団体名いわき絵本と朗読の会
代表者箱崎 耕平
住所いわき市内郷白水町川平27-4
活動場所草野心平記念文学館、文化センター
連絡方法hakozaki◆blue.plala.or.jp
(◆を@に変更してください)
電話:0246-26-6264
FAX: 同上
担当者:箱崎 典子
活動の対象いわき市在住者
会員数16人
活動に携わる方、参加者主に家庭の主婦
会費等月会費1,000円

NPO法人 great delight
~れいめい kids factory

 子どもの健全・育成  NPO法人 great delight
~れいめい kids factory
コメントを受け付けていません。
3月 012014
 
NPO法人 great delight ~れいめい kids factory

こんな活動をしています

放課後児童クラブ(学童保育)れいめい kids factoryの運営。
小学校終業時のお迎えから、遊び、学習支援、おやつ、夕食、入浴、保護者の勤務先へのお送りの提供等、通常の学童保育よりも、遅い時間までのお預かりを実施中。
働く保護者に対しては、子育て支援を、児童に対しては、学習支援の他、スポーツ・ピアノ・小学英語・食育等、様々なジャンルに触れる機会の創出を実行しております。
単に、学童保育の機能の拡充に留まらず、小さなことでも、子どもたちの可能性を広げる活動を、今後も続けていきたいと考えます。

活動・行事予定

【 フットサル大会 】
開催日: ※前回開催2013/12/29(日)
活動場所: ア・パースニュータウンドーム または ア・パーススタジアム
活動内容: 異世代間交流を目的としたフットサル大会。
著名フットサルプレイヤーをゲストに迎え、一流の技術を身近で見ながら、一緒に試合を楽しむ大会。
参加費の有無: 有(金額 500~1,000 円程度)

【 ままかふぇ 】
開催日: 未定
活動場所: れいめい kids factory
活動内容: 乳幼児とママのための居場所づくり。
子育て中で、なかなか思うように外出が出来ない、同じ年頃の子どもを持つママと話したい、ママ友を作りたい、小さい子を連れていても、気兼ねなく時間を楽しみたい等、ママ達が乳幼児を連れて、交流出来る場所を提供する。
参加費の有無: 有(金額 500~1,000 円程度)

【 各種ワークショップ・体験会 】
開催日: 未定
活動場所: れいめい kids factory
活動内容: 親子で参加出来る各種ワークショップの開催。
体験・挑戦・思い出作り等、働く世代の忙しい保護者でも、親子で気軽に参加出来るワークショップを開く。
バルーンアート、フラワーアレンジメント、キッズヨガ、ダンス等、保護者世代の要望をヒアリング調査しながら、機会作りをする。
参加費の有無: 有(金額 500~2,000 円程度の実費)

会員さん募集

やがて、地域で活躍する子どもたちを、地域で育てる…そんな活動に参加してみませんか?
子どもたちの感性に触れ、心豊かな時間を過ごせることをお約束致します。
ご興味がおありの方は、ぜひお問い合わせ下さい。

子どもたちの成長に関わる貴重な機会を増やすことが出来ます。
会員、寄付を頂いた方は当事業所の空き時間に、スペースをご使用頂けます。
(※こちらのスケジュールに合わせて頂くようになります。)

協働団体・企業さま募集

家庭の経済的格差の緩和のため、また、その連鎖の解消のため、子どもたちに多くの体験をする機会を創出したいと考えます。
子どもたちの瑞々しい感性と、無限の可能性に、「はじめの一歩」の機会作りをして行きます。
やがて、地域で活躍する子どもたちを、地域で育てる…そんな私どもの活動に、ぜひともお力をお貸し下さい。

有給スタッフさん募集

要運転免許。
学習支援の得意な方。
調理の得意な方。
短時間の勤務を希望される方。
お子さん連れ、シルバーさんも、お気軽にご相談下さい。

ボランティアさん募集

特技のある方。
ご自身が楽しんで、子どもと遊べる方。
子どもたちと過ごす楽しい時間が得られます。

団体名特定非営利活動法人great delight
事業所名れいめい kids factory
代表者田口 悦子
住所いわき市常磐上湯長谷町釜ノ前9番地
活動場所同上
webサイトれいめい kids factory
facebook
ページ
れいめい kids factory
連絡方法団体サイトの問い合わせページへ

メール: info◆reimei-kidsfactory.jp 
(◆を@に変更してください)
電話:0246-38-5607
FAX: 同上
活動の対象働く世代とその子どもたち。また、その家族。
会員数約20人
活動に携わる方、参加者専従スタッフ、非常勤スタッフ、ボランティアスタッフ(会社員、
シルバーさん等)
会費等特になし
Top