NPO、社会的企業等の活動支援

 
いわきNPOセンターはNPO、 社会的企業等の活動をサポートします

地域にはいろいろな課題がありますが、その課題に積極的に取り組んでいるのがNPO活動団体(ボランティア団体や市民活動団体、NPO法人など)です。

「3.11」以降、ボランティア活動や市民活動の重要な役割が再認識され、ボランティア団体や市民活動団体が増え、いわき市内でも100を超えるNPO法人が設立されています。しかし、実際に活動を始めますと、スタッフが集まらない、運営ノウハウがない、情報交換や交流するための機会がない、運営資金が集まらない、関連する法律や税金のことがわからないなど、実にさまざまの課題が発生します。

いわきNPOセンター(略称:INC)は、NPO法人はもとより市民活動を行うすべての団体を支援する「中間支援組織」です。
私どものサポートを利用・活用して、地域活性と豊かな市民生活を創造しませんか?

関連するページ:補助金・助成金情報支援内容

NPO法人を設立しませんか

ボランティア活動・市民活動をさらに充実させるために、NPO法人の設立をお勧めします。
NPO法人設立の目的は、「法人格」を取得するということです。

法人格を取得すると、次のような良い点があります。

(1) 法人としての契約行為ができます
任意団体での活動では、電話の加入、事務所の賃貸借などすべて、代表者個人との契約になります。NPO法人は法人としての契約ができます。

(2) 助成金などNPO支援の制度を利用しやすくなります
助成金・補助金の制度、行政や企業との協働活動なども、これからはNPO法人を対象とするようになります。

(3) 活動が活性化します
NPO法人は会計年度毎に、決算報告をします。そして、次年度の事業計画を立てます。このことを通して、活動が管理され、会の活動が活性化します。

  投稿 @10:40 AM
Top