6月 232014
 

医療費削減から町おこし

健康予報士・いわき市まちづくり健康クラブは「医療費削減から町おこし」というテーマで、全国の行政に対し提案活動をさせて戴いています。

市の財政悪化の最大の原因は医療費の増加です。
なぜ病気になるのか?その「しくみ」を知ることで財政悪化の医療費削減が図れます。また、ご自身が「病気にならないしくみ」を知ることで関心や理解が深まります。

活動の目的と事例

・誰でも簡単に楽しめる健康レクリエーションの超安全吹き矢で健康づくりを目指します。
・血管チェックから生活習慣病の予防支援
・生活習慣の改善の意欲付けと健康アドバイス
・医師、企業と協働のもと、行政の支援を含めた医療費削減

超安全吹き矢は、その名の通り安全な上ハードルが低いため誰でも楽しめます。特にご年配の方々、介護施設・老人ホーム・グループホームにおられる方々、幼児教育をされている方々や健康に関心がある方に役立っています。
吹く力は呼吸筋や口輪筋を鍛え口腔内の機能の向上や回復にも役立つとされ医療関係者も関心を寄せています。遊び感覚で家族や仲間と楽しめるのでストレスの解消にも役立ちます。

以前の講演会

以前の講演会

生化学博士の大坪亮一先生(奥中央)と健康予報士の吉岡先生(右)

採血しない、痛くない血管チェックを体験してみると・・・

指先の毛細血管がスクリーンに!
(生活習慣病チェックのひとつとして参考にできます)

一緒に活動する会員さんを募集

自分自身の健康と周りの方の健康に関心を持っている方、活動の目的と内容に賛同して戴ける方と一緒に活動したいです。真面目に考え過ぎないで柔軟に考え、地域の方々に喜んで戴ける活動をしませんか? 
大袈裟に言うと国家的医療費削減に貢献できます。多くの方に喜ばれますよ。

一般参加も大歓迎です。
イベント開催の時は、思い切ってお出で下さい。
健康の事ですから、きっと役立ちます。

団体名健康予報士・いわき市まちづくり健康クラブ(KIZUNA2011内)
代表者野口清孝
住所いわき市平下荒川字砂田45-13
活動場所公民館・コミュニティ施設など
連絡方法
メール: kizuna2011.iwaki◆gmail.com
(◆を@に変更してください)
電話:0246-28-8874
FAX: 同上
活動の対象・薬に頼らないで自分予防医学を学びたい方。
・採血しない、痛くない血管チェックに関心を持たれる方。
・自分や家族の健康に関心を持っている方。
会員数男性:9名  女性:10名
活動に携わる方、参加者主婦、会社員、独身男女、会社役員など
会費等年間:1000円
LINEで送る
Pocket
Bookmark this on FC2 Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Top